退院祝い 手紙 文例

退院祝いの手紙を書く際の文例及びマナー

スポンサーリンク

知り合いの方が入院をしてしまい無事退院できた際には退院祝いを贈ることが多いですがいくつかマナーがあります。
退院祝いの贈り物は現金ではなく品物を送ることが一般的です。
入院したことを洗い流す・キレイにするという意味も込めて洗剤を送ったり、跡が残らないようにと食べてなくなる食べ物を送ることが一般的です。
またそれと一緒に手紙を添えるとなお丁寧です。
手紙の内容ですがそこにもマナーがあります。
手紙の内容には、退院したことのお祝いを共に共感していることを伝え、元の生活に復帰していくことの励ましを込めて書きます。
ただしその内容は過度な期待を込めて書いてしまいますとかえって手紙を書いた人にプレッシャーを与えかねないため相手の立場になって考えてみてください。
退院祝いといってもまだ本復帰ではない状態で退院する場合もあるため状況を考えつつお祝いすることが大切です。
次に退院祝いとして送る手紙の文例を挙げていきます。

スポンサーリンク

送る相手があなたにとってどんな関係かによって文例も変わっていきます。
退院祝いだけではなく、手紙のマナーとして頭語の違いがありますがここでは割愛します。
文面には退院をお祝いすると共にご家族にも看病の労いをお伝えすることが大切です。
相手が先輩や上司など目上の方の場合「ご看護にあたられた奥様を始め、ご家族の皆様もさぞご安心されたことでしょう」など形式ばった伝え方が大切です。
友人や見知った人の退院をお祝いする場合は「奥さんやお子さんたちも、ほっとしていることでしょう」など少しくずした言い方でも大丈夫です。
またこういった違う文例もありますので状況に応じて使い分けてください。
文の最後の部分には無理をせず休養してくださいという文を書くことが大切です。
文例として「ご無理をなさらず、看護の疲れがでませんようご自愛ください」といったものがあります。
もちろん頭語で使った言葉にあった結語でしめてください。
始まりから終わりまでマナーが詰めてお届けすることで退院祝いを心からお伝えしていることが伝わるとおもいます。

スポンサーリンク