退院祝い 祝儀袋

退院祝いの祝儀袋はどれを選べば良いのか

スポンサーリンク

お祝い事の時に人に渡す祝儀袋は色々種類があり、社会人としてのマナー知っているかどうかを問われるものであるので、選ぶのにとても悩むところです。
社会人の中でもなかなか知識が無いと大変な祝儀袋の選び方ですが、退院祝いの場合はどれを選べば良いのでしょうか。
まず、退院祝いの場合の祝儀袋は、紅白の祝儀袋を選ぶのが一般的です。
その中でも結び切りという、お中元などに渡すものと異なり、入院はもう一度あることを願いたくないということで結び目が小さくてほどけにくいものを選びます。
この紅白結び切りのものは退院祝いだけでなく、一度切りであってほしいお祝い事の際に使用するものであるので、結婚やお見舞いにも使用します。
また、紅白結び切りにも本数があり、5本などといった奇数の本数のものは特に病気が関連している場合、偶数の本数のもの(基本的には10本)は2人で一つと言う意味合いから婚礼関係に使用するのが一般的であると言えます。

スポンサーリンク

また、退院祝いで困るのが、祝儀袋の選び方だけでなく、文の書き方です。
特に目上の人に対して贈る場合は、マナーを知っているか知らないかに拘わらず、間違った文を書いたものを贈るのはとても失礼に当たります。
この退院祝いの場合は、「祝御退院」というように書いて贈るのが一般的です。
そうではありますが、入院している人でも完全に病気が治っていればこちらで問題ないのですが、そうではなく、一時的な退院を認められた場合はこちらを渡すと失礼に当たってしまいます。
そのような場合は、「祈快気」などというように書いて渡すと良いでしょう。
このように場合によって相手に対して気を遣った文章を書くことが大切です。
また、この祝儀袋の字をボールペンで書いて渡す人もいますが、基本的にボールペンで書くのはマナー違反にあたります。
この場合は基本的には筆ペンなどといったもの、もし筆ペンが無い場合でもサインペンやフェルトペンで書くのが一般的であり、常識の有る書き方であると言えます。

スポンサーリンク