退院祝い のし袋 表書き 書き方

退院祝いで使うのし袋の種類や表書きの書き方のマナー

スポンサーリンク

病気や怪我で入院をして治療を受けていたお友達や身内の人が、退院する時に贈るのが退院祝いです。
社会人になるとそういった場面を経験することが増えてきます。
そこで、知っておきたい退院祝いに関するマナーについて詳しく説明します。
退院祝いを送るタイミングですが、退院後1週間から1ヶ月くらいを目安に贈るのが一般的で、包む金額は、だいたい三千円から一万円くらいが相場になっています。
ここで注意したいのが、包むのし袋です。
のし袋には、色んな種類があり贈る目的によって使い分けるのがマナーです。
間違ったのし袋を使ってしまうと贈った相手に不快な思いをさせ、失礼に当たるので気を付ける必要があります。
退院祝いで使うのし袋は、贈る相手に病気や怪我などの災いがもう二度とないとうにという思いを込めて簡単にほどけない紅白の結び切りのものを使います。
結び切りは、固く結ばれて解くのが難しい結び方のことで、その結び方から繰り返すことのないようにという意味があります。

スポンサーリンク

次にのし袋の表書きについてですが、贈るタイミングや退院後の状態に合わせて書き方が異なりますのでしっかり理解して使い分けるようにします。
贈る相手の退院の状態がわからない場合などには、表書きを祝御退院と書きます。
一般的な退院御祝いなどにも使われます。
病状が全快されている状態であれば、表書きは祝御全快と書くようにします。
退院後に時間が経ってから贈る場合やその贈る相手の方が現在も通院中や療養中の場合などの表書きは祝御快復と書きます。
また、水引の下には必ず贈り主の名前を忘れずに書くようにします。
このように、のし袋には種類や書き方などにきまりやマナーがあります。
間違った種類を使ったり、表書きが間違った書き方をすることはあってはならないことです。
せっかくの退院のお祝いでめでたいという思いを込めて大切なお友達や身内の方に贈るわけですから、きまりやマナーをしっかり理解して使う必要があります。
社会人としてもそうしたマナーが大切になってきます。

スポンサーリンク