退院祝い お返し お菓子

退院祝いのお返しにはお菓子などの後が残らないものを

スポンサーリンク

病気などで入院をした際に、お見舞いに来られた方からお見舞いの品をもらう機会が多くあります。
無事に病気が完治して退院した際には、退院祝いとしてお見舞いに来られた方へお礼の気持ちを贈るのがマナーです。
退院祝いのお返しを贈る時期は、退院してから10日前後に贈るのが良いです。
贈るお返しの品については、お菓子類や入浴セット、砂糖や油などの食品を選ぶと縁起が良いです。
その理由としては、このような物は消耗品であり、使ったら後に形として残ることが無いからです。
この意味には、退院した人が病気などの悪い部分が後に残らないようにという願いも込められています。
お見舞いの品をもらった相手の人柄や状況などを判断して、後に残らないお菓子などの品を選んで渡すのが大切です。
退院祝いのお返しに使う金額については、お見舞いにもらった物の半額以下の物を選びます。
あまり高価な物を返すと、逆に相手に気を使わせたり、相手にとっても気持ちが良くないものになるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

もし職場の職員一同など、1つのまとまりとしてお見舞いの品をもらった場合、退院祝いのお返しには、小包装のお菓子やジュースなど、職員1人1人に行き渡るような品を選ぶのが良いです。
1人ずつお返しをするのは大変なので、お菓子セットを持ちながら、1人ずつ挨拶に行くようにするか、代表の職員にお願いして配ってもらうようにすると良いです。
もし、病気の治療が長引いて長期入院となったり、退院しても自宅での療養が必要となった状況の場合は、退院祝いの品を贈るのではなく、ハガキなどでお礼の気持ちを述べるだけで良いです。
退院祝いはあくまで、体が健康体になったことの報告をするためのお祝いになりますので、注意が必要です。
ハガキでお礼を送る場合は、お見舞いの件への感謝の気持ちと、現在の自分の状況を述べた内容にすると良いです。
お返しは、全快になった時に送っても遅くありません。
贈る側にも贈られる側にもマナーがありますので、事前に確認して行うのが良いです。

スポンサーリンク