退院祝い のし袋

退院祝いののし袋を丁寧に

スポンサーリンク

親しい方が病気やけがで一時的な入院を余儀なくされてしまった時、悲痛な時期を超え、無事退院の運びとなり、その際にその方へ向けて贈るお祝いが退院祝いと呼ばれる物です。
退院に際し、その喜びをマナーに沿ってスムーズに贈れる作法とマナーについてご説明します。
まず始めとして、退院祝いに相応しい時期というのは一体どの時期に該当するかについてご説明します。
渡せる時期ついては、病院からご本人が退院される日にちから1週間から1ヶ月においてご本人に直接お渡しするのがベストとなっています。
退院されたその日にお渡しもできますし、ご本人の回復状態をご家族の方に伺って、最適な時に最適なお渡し方法について確認してみる事が、推奨されています。
ご本人の回復次第でその後の見通しものし袋に表記するお言葉も変わってきますので、その際には注意が必要となってきます。
その表記の方法について、一定のルールがあります。
そのルールは主に3通りが存在しています。

スポンサーリンク

のし袋に表記する際の3通りの表記の仕方ですが、退院されるご本人の状態が全快であれば「祝 御全快」、退院後自宅等での療養が必要な際には「祝 御回復」、そして最も表記可能範囲の広い「祝 御退院」については、ご本人の病態について明確な判断が不十分である時等に、表記方法として選択が可能となります。
退院祝いには、一定の金額内に該当する贈り物が受け取った方も安心して受け取れますので、贈る側としてはその価格を把握しておくと選ぶ際にも適確な判断が可能となるでしょう。
贈り物を選ぶ際には、病がきれいに消えていくという思いも込めながら、洗剤や食べ残しもない果物類が最適な分類に挙っています。
相手方が女性の方であれば、退院後さっぱりと入浴を楽しんでもらえる様にと入浴剤等も喜ばれます。
贈り物が決まったなら、のし袋ののし下に送り主の姓を明記し、丁寧に包み、心を込めてお贈りします。
大切な方へ心が届く退院祝いにおけるのし袋に関するご説明でした。

スポンサーリンク