退院祝い お返し 文例

退院祝いお返しのマナーと文例

スポンサーリンク

退院祝いとは、病気やケガなどで入院していた方に知人や友人が贈るお祝いのことです。
退院した際に、全快を祝って贈ります。
入院している時のお見舞いや、退院祝いは、とても励みになり嬉しいものです。
元気になったという報告も兼ねて、お返しをしましょう。
金額の相場は、お祝いで頂いた額の半額から1/3程度と言われています。
品物をお返しする場合は、病気を後に残さない、という意味を込めて、食べて残らないお菓子や飲み物などの食品類が一般的です。
他にも病気やケガを洗い流す、という意味を込めて、洗剤や石けん、入浴剤などもよく選ばれます。
お返しをする時期は、退院後1週間から10日が目安となっています。
しかし、体調の良し悪しもあるので、1ヶ月までには贈ることができれば良いでしょう。
熨斗にも気を付けます。
おめでたいことではあるけど、二度と起こらないように、という意味で結婚祝いなどと同じように紅白結び切りのものを使用します。

スポンサーリンク

退院祝いのお返しに品物を贈る際、お礼状を一緒に添えると、さらに感謝の気持ちが伝わります。
内容としては、感謝の気持ちと今後の報告などを知らせると良いでしょう。
しかし、お礼状を書くのは難しいことです。
全快している場合と、退院はしたけどこれからまだ通院が必要だ、という場合では文面も違ってきます。
全快している場合の文例は、「この度は過分なお見舞いを頂きありがとうございました」「お陰さまで全快いたしました」などが挙げられます。
まだこれから治療が必要な場合の文例は、お見舞いのお礼に加えて「今後は全快に向けて治療に励みます」「ご迷惑をおかけしますが、一日も早く全快できるよう頑張ります」などが一般的です。
病気やケガはない方が良いものなので、何度も繰り返すことのないようにという意味合いから「ますます、重ね重ね、くれぐれ」などの重ね言葉の使用は避けましょう。
本やサイトなどにも様々な文例集があるので、参考にするのも良いでしょう。

スポンサーリンク