退院祝い お返し 金額

退院祝いのお返しの金額

スポンサーリンク

怪我や病気で入院した時にお見舞いをいただいた方へ「お礼」としてお返しすることを「退院祝い」や「お見舞い返し」と言います。
では、どのような物をお返ししたら良いのか、金額はどのくらいが良いのか調べてみましょう。
常識的に考えられている物は、病気が後に残らないようにという意味で、消費できて残らない物です。
ジュースやお茶、クッキー、ギフト商品などは、会社やグループからお見舞いをいただいた時に良いです。
個人的には、お見舞いを現金でいただいた場合には、半額程度のお返しを選ぶと良いでしょう。
果物やお花でいただいた場合には、一律の金額を決めておくと良いかもしれません。
友人など親しい方などは、心の籠ったお返しでも良いのではないでしょうか。
きっと喜んでくれます。
迷った時には、贈答品ショップやお店の店員さんに問い合せしてみると良いです。
退院祝いと言っても心配してお見舞いしていただいた方々ですので、失礼のないようにしたいものです。

スポンサーリンク

退院祝いは、商品にも金額にも迷います。
個人的にお見舞いをしてくれた方は、特に迷います。
会社やグループは、ジュースやお茶のケース、お菓子のセット商品、ギフトセットなどから選ぶと良いでしょう。
個人的には、気持ちが籠っている物であれば良いと考えます。
悩んだ時には、何か必要な物があるか聞いて見ることも良いです。
友人でしたら聞きやすいです。
また、ネットで検索して調べてみても良いです。
色々な体験談も参考になります。
お返しする方の状況や好みも考えた方が良いですので、確認しても良いです。
金額は、あまり深く考えなくても良いです。
気持ちの問題です。
沢山、お見舞いが来た場合には、名前やお見舞いの品を記録しておきますと後で考えなくても良いですし、お返しの参考になります。
怪我や病気が治り、元気になりましたと言う知らせでもあります。
元気に明るく、お礼を言い退院祝いを返しましょう。
また、お見舞いに来ていただいた方を大切にしましょう。

スポンサーリンク