退院祝いのお返しは

退院祝いのお返しは病を払拭させる品を選ぶ

スポンサーリンク

お見舞い返しは、病気や怪我が治ったなどの全快の報告を兼ねて感謝の意味でお返しをすることを指していますが、退院祝いのお返しは全快ではなく、ひとまず在宅療養に切り替わった際にも御見舞御礼として行うケースが挙げられます。
退院祝いのお返しは品物を贈るだけに留まらず、お見舞いに来てくれた方を招いた食事会など、食事を提供したりイベントに招待することでお返しとするケースも増えている内容で、お礼の挨拶の意味合いも兼ねています。
退院祝いのお返しは、退院後、10日後から贈るのが目安となり、元気になった姿を見せる意味合いも含めて直接相手宅に赴くことがマナーとなります。
また、直接足を運べない場合や遠方の方々に対しては、手紙あるいは電話で元気になった旨を伝え、正式な挨拶は調子が戻ってからなど、一言添えることもポイントです。
品物の金額に関して、高額のお見舞い金を頂いた場合には半額程度を目安とするのもポイントですが、品物としてお見舞いを頂いた場合には値段が分からないケースもあるため、相場にこだわらず、感謝の気持ちを表すのも重要です。

スポンサーリンク

退院祝いのお返しは、親戚や友人などの身近な人のみならず、会社関係やグループでお見舞い品を頂いた方々にも必要となりますが、一緒にまとめて頂いた場合、のしにはご一同様の文字入れを行い、個包装されている品物を選ぶことでお返しとすることが可能です。
お返しとして贈る品物に関してポイントとなるのが、病気が再発したり残らない気持ちを込め、消えて無くなる品物を選ぶことが大切です。
老若男女問わず、人気が高い品物には健康飲料が挙げられており、野菜ジュースやお茶、果汁100%ジュースなどが適しています。
また日用品も重宝される品であり、家事に利用できる石鹸や洗剤、タオルなどは病を水に流すという意味も含まれているため、お返しにおいて定番と言われています。
タブーとされる品には、お見舞い金を頂いた相手に対し、現金または商品券を返すのは失礼にあたるため、たとえ相手が目上の方であっても品物を用意することはマナーの1つで、こだわりのある品や一級品などに置き換えて選ぶことが大切です。

スポンサーリンク