退院祝い お返し のし

退院祝いのお返しのマナー(のしのつけ方)

スポンサーリンク

病気や怪我などで入院されていた方が退院されると考えなくてはならないのがお見舞いをくださった方へのお返しです。
回復しました、元気になって帰ってきましたという喜びと感謝の気持ちをご心配くださった方にお伝えしたいものです。
一言に「退院祝い」といっても、完全に良くなって退院されたのか、今後も継続した治療が必要なのかによってものしの書き方も違ってきます。
まず、のし紙ですが、退院祝いの場合「結び切り」ののし紙を使用します。
病気や怪我からの回復は大変おめでたい事ではありますが、その原因の病気や怪我というのは不幸なアクシデントと言えます。
ですから、のし紙は結び切りのものを使用します。
これには繰り返さないという意味があります。
大変おめでたいけれど、繰り返さない方がいいことなので、結婚のお祝いにもこの結び切りののし紙を使用します。
結婚祝いや退院祝いのお返しののし紙の選び方は「結び切り」ということになります。
お返しを贈る際には気をつけたいものです。

スポンサーリンク

さて、次は書き方についてです。
これは、どのような状態で退院してきたかによって書き方がかわります。
完全に良くなっての退院なのか、それとも今後もまだ治療が必要なのかで違いがあります。
全快の場合は「快気祝い」退院したものの、まだ治療が継続する場合は「快気内祝い」入院が長引きそうだがお見舞いに対しお礼をしておきたい場合は「お見舞御礼」と書きます。
贈る時期は退院してから10日から一ヶ月目安に送ります。
病気や怪我が「消えて無くなった」ことを祝うものですから、お茶やコーヒー、お菓子などの食品、洗剤やタオルなどの消耗品が定番のアイテムとなっているようです。
健康になった祝いとして贈るものなので、相手の健康を気遣った品物も喜んでいただけます。
また、品物を相手に選んでいただくカタログギフトも人気があります。
快気祝いの品物だけを送るだけでなく、近況と感謝の気持ちこめたメッセージを添えるのも気持ちが伝わっていいものだと思います。

スポンサーリンク