退院祝い お返し 時期

退院祝いのお返しの時期に関するマナー

スポンサーリンク

病気やケガから退院した際に、知人やお世話になっている方々から退院祝いをいただく事があります。
いただいた側は、退院祝い、又はお見舞いに対してお返しをするのがマナーとなります。
退院祝いのお返しは、現在の体調が回復して全快した状態で「お陰さまでとても良くなりました。
有難うございました」の気持ちをお礼として「快気祝い」の形で贈るのが適当となります。
快気祝いは入院中のお見舞いに対しても同じ扱いとして使われます。
お返しの時期は1週間〜遅くても1ヶ月の時期の間に済ませるのが良いとされています。
お祝いとお見舞いに対してのお礼ですので早すぎて悪いと言う事はありませんが、お礼の時期が遅くなる事は相手に対して大変失礼な事になります。
お返しをする際には贈り物に添えて「お礼状」を添えて感謝を伝える事も良い事です。
特にお世話になっている方々や職場の上司、又は直接手渡しでお礼が出来ない方などには「お礼状」は欠かさずに添えるべきものです。

スポンサーリンク

退院祝いやお見舞いに贈るのは花や果物などが一般的ですが、現金を包む事もあります。
しかし、お祝いを頂いた側がお返しとして贈るのには現金は相応しくないことです。
贈る相手との関係が親兄弟、または血縁関係にある様な親しい間柄の場合では現金を贈る事もありますが、自分と相手との立場や間柄などを踏まえ、それに等しい物をギフトなどから選びお令状を添えて贈る事が大切です。
また、お祝いを現金でいただいた場合のお返しの相場は、いただいた金額の半分から1/3が適当とされています。
品物でいただいた場合でもそれと同等であれば良いとされ、それ以上の物を贈る事は必要では無いとされています。
日本ではお祝い事、それに対するお礼にまで様々な風習や決まりごとがあります。
退院してた場合でも、現在自宅で療養している状態などでは快気祝いとは言わず「退院内祝い」などと言い、回復の状況などで使う言葉も変わってきます。
日本の言葉使いは状況により使い分けなくてはなりませんので注意が必要です。

スポンサーリンク