退院祝い 鉢植え

退院祝いに鉢植えをプレゼントすることについて

スポンサーリンク

患者が無事退院をした時にプレゼントを贈る習慣がありますが、退院祝いに鉢植えはどういった印象を与えるか検証をしていきます。
結論を先に述べると、退院祝いの品として鉢植えを贈ることはあまり良い印象を持たれないことが多いです。
鉢植えには病気や厄や怪我が根付くという言い伝えがあり、退院祝いの品としては最悪の印象を与えてしまうことになります。
またこれは退院した相手だけではなく、入院中のお見舞いの品としても同様の印象を与えてしまいます。
仮にこういった品を贈ってしまうと、その後の人間関係が悪化したりひびが入ってしまうことがあるので注意が必要です。
どんな品を贈って良いかわからない時には、誰が受け取っても無難な商品をプレゼントするのが良いです。
タオルセットやフルーツの積み合わせについては、比較的誰が受け取っても不快感を示すことはないです。
なので退院祝いにおいては、これらのプレゼントを用意すれば相手に嫌な印象を与えることはないです。

スポンサーリンク

 一般的に退院祝いの品として鉢植えをプレゼントするということは、相手に対して病気が根付くという印象を与えてしまいます。
なので絶対に贈ってはいけないプレゼントとなっていますが、お花を贈ることについては問題ないです。
ポイントとして、出来るだけ明るい柄の花を中心に贈ることで退院祝いの品として良い印象を与えることが出来ます。
また花屋でも注文することが出来るため、それを事前に伝えることで店員に選んでもらうことも可能です。
ですがここでも注意事項があり、お花であればどんな種類でも良いというわけではないです。
その代表的なお花として、菊とシクラメンについては出来るだけプレゼントしないように注意が必要です。
菊のお花は冠婚葬祭時において人が亡くなった時に頻繁に登場するので、相手に対して不吉な印象を与えてしまいます。
一方でシクラメンというお花については、死と苦という印象を与えるのでこれも出来る限り控えた方が良いです。

スポンサーリンク