退院祝い 花束 金額 相場

退院祝いに花束を贈る時の金額の相場

スポンサーリンク

退院祝いに花束を贈る人は多いです。
知人や友人、家族や親せきなど相手が男性でも女性でも、気持ちが明るくなると言われているからです。
また、花はやがて枯れてなくなるので、病気や怪我なども綺麗になくなるようにとの願いもあります。
退院祝いは、退院して少し落ち着いてから贈るのが基本です。
退院当日や、退院して直後に退院祝いを贈ると相手の負担になることがあるからです。
病状が安定して、気持ち的にも落ち着いてから贈るようにします。
タイミングとしては、退院後一週間から十日程度経ってから贈るようにします。
出来れば暦の良い大安に贈るのが良いです。
花束の色は明るい色合いのもの、相手の好みをある程度考慮して選ぶようにします。
花の種類によっては、良くない意味合いのものや退院にふさわしくない花言葉のものもあるので確認しておく必要があります。
金額の相場は特に決まっていませんが、友人知人は3千円ほど、会社で付き合いがある人や先輩は5千円程度、身内であれば1万円程度となっています。

スポンサーリンク

花束は直接持っていくのではなく、宅配して届けるようにします。
金額の相場もありますが、基本的には退院を祝い、病気や怪我が完治してこれからも健康で元気に過ごせるように気持ちもこめたものです。
付き合いの程度によっては前後したり、相手が喜んでくれそうなものであれば金額の相場はあまり意識せずに選ぶようにします。
花束を贈る時は、お祝いのメッセージも添えて贈るようにするとなお丁寧です。
相手が花好きな人であっても、あまり濃い香りのものは退院祝いとして好ましくありません。
香りはごく薄いものか、ほとんどないものにします。
色も興奮色である赤や鎮静色である青、お悔やみの花としても使われる白い花もあまりふさわしくありません。
それらの色の花束を贈る場合は、一色にまとめずにいくつか色を合わせるようにします。
一般的にはピンクや黄色、オレンジなどの色合いのものが好まれます。
はっきりとする色よりはパステル調の柔らかい色のものにすると飾る場所も選びません。

スポンサーリンク