退院祝いに贈る花 種類 色

退院祝いに贈る花の、種類や色などの注意点について

スポンサーリンク

大切な方が退院するとき、お花を贈りたいという方は多いです。
花は見た目、香りで心を癒し、リラックスさせる効果があり、花をもらって嫌がるという人は少ないです。
しかし、退院祝いに贈る花は、いくつか避けたほうがいいものもあります。
そのマナーを知り、相手に不快な思いをさせないようにしましょう。
まず、花をどのような形で贈るかについてです。
鉢植えは避けるべきです。
土に根を下ろしている様子は、根付く=寝付くとされ、病気が長引く暗示であり、縁起が悪いとされています。
どんなに相手が好きな花であっても、鉢植えは絶対に避けましょう。
また、水やりの手間もあります。
そのため、花束やフラワーアレンジメントにして贈るのが良いでしょう。
ただ、花束は花瓶に生けなくてはなりませんし、定期的な水替えも必要となります。
そのため、病み上がりの方には手間がかからない、フラワーアレンジメントや、ブリザーブドフラワーなどを贈るのがおすすめです。

スポンサーリンク

次に、退院祝いに贈る花は、どのような種類や色がいいのか、悪いのかについてです。
避けるべき色は、白・青・紫系です。
なぜなら、これらはお悔やみの時に選ばれることが多いためです。
少し混じる程度なら問題ありませんが、全体的に寒色系でまとめることは避けたほうが無難です。
おすすめは、黄色やオレンジなどの暖色系です。
しかし、相手が寒色系が好き、という場合は一言添えて渡すのもよいでしょう。
また、花の香りにも気を使う必要があります。
病み上がりの体に、強い香りの花はよくありません。
ユリ、ストック、スイセン、フリージアなどの香りは強いです。
購入時には定員に確認し、優しい香りの花を選ぶようにします。
その他の避けたい花の種類は、シクラメン、アジサイ、椿、チューリップなどがあります。
シクラメンは「死」や「苦」を連想させ、アジサイは枯れていく様子が、椿とチューリップは花が落下する様子が、それぞれ縁起が悪いとされているためです。
退院祝いに贈る花は避けたほうが良い種類が多々ありますが、それを知り、心を込めて贈りましょう。
上記に上げた、手間がかかるもの、縁起の悪いものなどでなければ、喜んでくれることでしょう。

スポンサーリンク