退院祝い 贈り物 花 マナー

退院祝いの贈り物に花を贈る場合のマナー

スポンサーリンク

退院祝いの際、闘病中や療養中の労いの意味を込めて温かい言葉と共にお祝いの品を贈ることが大切で、女性に対しての贈り物に植物を贈るケースもありますが、花には言葉や語呂合わせなどによって、お祝いとはかけ離れた贈り物となりやすいため、TPOをしっかり意識することはマナーとなります。
植物は生命力があり、色合いや香りなどによって心身のリラックスを図れるとされるため、退院祝いに贈るケースは増えています。
退院し、健康を取り戻した喜びを表現する場合、明るく華やかな色合いのアレンジメントで贈るのが一般的で、可能な限り、鉢に植えてあるタイプの植物を選ぶことは避けることも贈り手のマナーです。
土に根を下ろしている様が病気を長引かせるイメージに直結して縁起が良くないため、どのような形で贈るのかも重要視すべき点です。
縁起の問題だけではなく、受け取る側となる相手の立場に立って選ぶこともポイントで、例えば、華やかな花束は花瓶を用意して生ける必要があり、定期的な水換えなどの手間が必要となります。

スポンサーリンク

可能な限り、手間を不要とする贈り物を選ぶことはマナーの1つで、枯れることなく保存にも適しているのがプリザーブドフラワーなどの手入れを不要とする花や植物です。
贈る相手に気遣いさせない大きさの品を選び、お祝いのメッセージを添えることもポイントです。
また、色選びにもマナーがあり、気を付けたいのがお悔やみを連想させる色です。
例えば、白や黒に近い紫系の色はタブーとされ、フラワーアレンジメントにおいても寒色よりも暖色系で仕上げてもらうことは重要です。
しかしながら、相手の好きな植物の色が寒色系である場合、親しい間柄であることを条件に贈るケースも挙げられていますが、マナーを知っていることを一言添えて渡すことにより、相手の気持ちにしっかり配慮できます。
また、直接手渡しできない場合には文をしたためることも重要となります。
さらに退院祝いとしての贈り物であるため、ご自宅宛に贈る場合、退院後1週間から遅くとも10日前後までに届けることや、色だけではなく香りにも注意が必要で、強い芳香の植物はニオイに敏感な方には適していないため、ほんのり香る程度の植物を選ぶこともマナーの1つに挙げられます。

スポンサーリンク