退院祝いの言葉

心のこもった退院祝いの言葉

スポンサーリンク

病気や怪我などで入院した人は、早く日常生活に戻りたいと思うものです。
そして、やっと退院した日は、外の空気や景色などが新鮮に感じられます。
外の世界から遮断されていたような状況の中から、ひとまずは開放され、喜びはひとしおです。
そのような人への退院祝いの言葉としては、心配していた、待っていたという気持ちを素直に伝えます。
入院というのは、精神的にもダメージが大きいので、気持ちを明るくする言葉を贈ります。
退院しただけで、全快ではない場合もありますので、おめでとう、という形式ばった言葉だけではなく、元気になって良かったという言葉が入ると、とても嬉しいものです。
相手の回復に対する素直な喜びが伝わるような、真心をこめた退院祝いの言葉は、きっと退院後の生活にも影響を与える事でしょう。
入院中はとかく気が弱くなっていますので、自分の存在意義が感じられるような言葉も嬉しく思います。
会えなくて寂しかったとか、声が聞けて嬉しい、などです。
病は気からという言葉通り、さあ、これから頑張ろうという意欲がみなぎるような言葉をかけたいものです。

スポンサーリンク

退院祝いの言葉として避けたいのは、マイナスのイメージを持つ言葉です。
お気をつけて、ご無理なさらずに、など、マイナス面ばかりを気遣うのではなく、前向きに励ます表現を心がけたいものです。
まだ体調も万全ではない事は、本人が一番良くわかっていますが、やっと退院出来たという喜びを強く感じています。
二度と入院はしたくないと思っていますので、無理はしません。
病気や怪我に対する心構えが出来、健康のありがたみもわかっていますので、プラスの言葉の方が励ましになります。
また、入院中に仕事が大変だったとか、心配しすぎて眠れなかったなどの言葉もタブーです。
自分が入院した事によって、人に迷惑をかけてしまったと思わせます。
無理をしたから病気になった、とか、注意力が欠けていたから怪我をした、などの相手を責める言葉もいけません。
頑張って、という言葉よりも、頑張ったね、という入院中の頑張りをねぎらうような言葉の方が良いでしょう。
退院祝いの言葉は、相手にプレッシャーを与えるのではなく、退院した事の喜びを共に分かち合う表現をする事が望ましいです。

スポンサーリンク