退院祝い タイミング 時期

退院祝いを贈る時期とタイミング

スポンサーリンク

病気で入院した際に、入院中にお見舞いをいただいたり、お世話になった人たちに全快したことをお伝えするものを、快気祝いといいます。
それとは反対に、病気で入院していた人に対して、退院して日常生活を取り戻すことができたことにお祝いの品を贈ることを退院祝いといいます。
また、その人が入院しているときにお見舞いにいく時期やタイミングを逃してしまったときにも利用できます。
退院祝いを渡す時期は、退院後1週間から1カ月後の間がおすすめのタイミングです。
ただ、渡す時期によって熨斗に使用する言葉が異なってきます。
病気が完治しているとわかっている場合は、「祝 御全快」と記します。
大体1週間以内に贈ります。
退院してから時間がたっているときにも使用できます。
退院しても自宅療養や通院しているような場合は「祝 御回復」がおすすめです。
大体1カ月以内に贈ります。
退院する当日、すぐのタイミングや、退院した人の健康状態がわからないときは「祝 御退院」とするとよいでしょう。

スポンサーリンク

その他に注意したい点は、金額や品物選びです。
退院祝いの相場としては、3000〜10000円とされています。
あまり安すぎず、高すぎない品物選びが大切です。
相手に気を使わせない金額のものを選びましょう。
また、退院祝いとしておすすめの品物は、消耗品を選択するのがよいです。
病気が残らない、という意味合いを込めているからです。
最も定番といわれているものは果物です。
健康を維持してもらいたいという願いが込められているからです。
また石鹸などの日用生活品は、病気を洗い流すという願いが込められているといわれています。
その他、通常のお祝いにも使用されるような、誰がもらっても失礼に当たらないようなタオルやお菓子は無難です。
品物選びに困ったら、定番といわれるものを選ぶことがおすすめです。
最近は、相手がもらう品物を選べる、カタログギフトも人気があります。
退院祝いを贈るときには、時期とタイミングによって熨斗の表記を変え、金額や品物選びには細心の注意を払うようにしましょう。

スポンサーリンク