退院祝い こども

こどもに贈るおすすめの退院祝い

スポンサーリンク

退院祝いとは、病気やけがで入院していた人が退院することができたことを祝うために贈るものです。
完全によくなっていることがわかっているならば、全快祝いという名目で贈ることもありますが、たいていの場合ある程度は薬や通院治療が残っていることか多いため、退院祝いとして贈るほうが無難です。
贈る物には現金、消耗品、食べ物などが一般的ですが、こども相手に贈るときはどのようなものがいいのでしょうか。
こどもの退院祝いとして贈るものであっても、費用を負担しているのは親ですから、現金や商品券などの金券類は喜ばれます。
その際は、こどもには「退院おめでとう」と声をかけるだけにし、退院祝いは親に渡す方がスマートでしょう。
相場は関係性にもよりますが、2000円から10000円ほどです。
のし袋は結びきりの水引を使用する点に注意して下さい。
二度と病気やけがで入院することがないようにとの願いをこめるためです。
ただ、蝶結びでも問題ないとされる場合もあります。

スポンサーリンク

直接こどもに渡すならば、学用品やおもちゃ、キャラクターグッズ、お菓子、ジュース、食べ物などのこども本人が喜ぶ物がおすすめです。
ただし、贈る際には、本人の調子を確認してから贈るようにしましょう。
特に食べ物やジュースなどは、食事制限などがある場合にはもらっても与えられないこともあるので、事前に保護者に確認をとるのがベターです。
おもちゃなども、好きなキャラクターなどを事前に調べてからあげるとより喜ばれます。
わからないときは店員さんに聞くと流行のキャラクターやおすすめのグッズを教えてくれます。
好みがわからない場合は、学齢期の児童ならばノートや鉛筆などの学用品が無難です。
それより小さな幼児ならば、タオルなどの日用品がいいでしょう。
注意したいのは、いくらおめでたいことだからといって、非常に高額なものを贈るのは相手に気を遣わせてしまうためふさわしくないということです。
相手が負担にならないような金額と内容を意識すべきでしょう。

スポンサーリンク