退院祝い 上司

上司への退院祝いについて

スポンサーリンク

 退院祝いとは、病気やケガで入院されていた方が、退院する時に贈るお祝いのことです。
入院中にタイミングが合わなくて、お見舞に行けなかった場合にも贈られます。
退院祝いの金額の相場については、3,000円〜10,000円が相場となるのですが、現金ではなく品物が贈るのが一般的となります。
ゆえに、贈る相手が上司の場合でも、品物を贈るようになります。
 退院祝いに最適な品物は、「病を洗い流すもの」「後に残らないもの」という縁起にかけて、石鹸や洗濯洗剤、入浴剤、お茶やコーヒー、調味料などの詰め合わせ、クッキーなどのお菓子、果物などが挙げられます。
逆に、贈ってはいけないとされる品物は、鉢植えの花となります。
理由は、根を張ってるいることが、縁起が良くないとされるからです。
 最近では、先様に好きなものを選んでもらえるカタログギフトが、人気となっています。
上司の好みがわからず、何を選んだらよいか悩む場合には、カタログギフトという選択肢もあります。

スポンサーリンク

 退院時に退院祝いを贈る際には、メッセージをつけると、さらに先様に気持ちが伝わります。
上司に対する退院祝いメッセージの文例としては、「ご全快を謹んでお喜び申し上げます」というシンプルなものや、「ご退院おめでとうごさいます。
ご全快を心からお喜び申し上げます。
今後のご健康をお祈りいたしております」といったメッセージとなります。
 ギフトショップで退院祝いに贈る品物を購入した際に、あらかじめ準備しておいたメッセージカードを添えて、包装してもらうこともできますし、メッセージカードがギフトショップ側で準備されている場合も少なくありません。
メッセージを添えたい場合には、お店の人に一言相談されることをおすすめします。
 退院後時間が経ってからでは、少々間が悪くなりますので、おおむね退院後1週間〜1か月以内に贈るようにしましょう。
それ以降になった場合には、全快している方には「快復祝い」、自宅療養している方には「お見舞」として贈るようにしましょう。

スポンサーリンク