退院祝い プレゼント 女性

女性への退院祝いのプレゼント

スポンサーリンク

病気を治すために入院し、その病気の治療も終わり退院したら退院祝いとして何かプレゼントを贈ってお祝いすることがあります。
無事治療が終わり回復できたことを喜び、これからも健康で居られるようにとの願いを込めてお祝いします。
入院中にお見舞いとして何かプレゼントしている場合は基本的には退院祝いは贈りません。
お見舞いを渡していない時には退院祝いを贈るようにします。
女性へのプレゼントであれば、相場は大体3千円くらいから高くても1万円くらいまでです。
友人であれば3千円から5千円程度、親族であれば5千円から1万円程度が一般的です。
品物は、基本的には使ったら無くなるもの、食べたら無くなるもの、など残らない消耗品を選びます。
記念になるようなもの、そのまま残るようなものは控えるのがマナーです。
ジャンルでいえば、お花か、食品、洗剤などの日用品のいずれかを贈る場合が多いです。
その中で相手の好みも考えて贈るようにします。

スポンサーリンク

女性であればお花は喜ばれます。
人からもらう機会自体あまりないことなので、喜んでくれる人が多いです。
花には、見る者を明るい気持ちにして癒してくれる効果があるからです。
鉢植えだと寝付くというネガティブな意味合いがあるので、花束として贈るようにします。
食品では、フルーツや女性であれば焼き菓子など、他には体調を考慮してスープの詰め合わせなどが定番です。
洗剤や石鹸は悪いものを洗い流すという良い意味合いがあるので、定番の贈り物の一つです。
退院当日から出来れば一週間以内、遅くても一か月以内に贈ります。
また、退院祝いのお返しにはおかげさまで元気になりましたとの報告もかねてお返しを贈ります。
お返しは、相手が気を使わないようにもらったものの金額の半分から三分の一程度の金額のものにします。
溶けてなくなるという意味合いで、チョコレートや砂糖菓子、石鹸や洗剤類が良いと言われているので使えば無くなるものを贈るようにします。

スポンサーリンク