退院祝い 手土産

退院祝いに持ち寄る手土産のマナー

スポンサーリンク

お見舞いをはじめ、病気や怪我、事故に見舞われて入院し、療養した後は退院となりますが、退院祝いを贈ることによって相手を労うことや祝うことに繋がるため、お祝い金を包む・品物を贈ることが伺う際のマナーとなります。
また、退院する際に一報をもらい、病院に駆けつける際に手土産を持参するケースがありますが、基本として、本人の体調や品物の意味を考えて持参する必要が挙げられています。
退院祝いの贈り物として一般的なのは消え物や流れ物などであり、健康や長生きなどの意味合いをもつ麺類などを贈るケースも近年増えています。
手土産は、本人が食事制限がかけられているか否か、ご家族の方に事前に確認しておくことも重要となり、本人の好物を持参したものの、制限されているケースも考えられるため、重要視すべき内容です。
また本人のみならず、ご家族の方に対しても配慮する必要があり、慰めや励ましなど、介抱する側の気持ちも含め、家族で食べられる・使える品を持参することはポイントで、片付ける手間を省ける品であることもマナーの1つです。

スポンサーリンク

病状の回復期を計らい入院先に出向きますが、面会時には子供連れや大勢で出向くのは避け、長居することは本人やご家族の負担になるため10分から20分程度の時間内で、お祝いの言葉を述べるのも大切です。
一般的に手土産として相応しいのは果物であり、詰め合わせになっており、なおかつフレッシュな物を選びます。
また、花束などの植物では花首が落ちる椿をはじめ、花が散りやすいケシやシクラメンや菊などの植物は退院祝いとしての縁起が悪いこともあり、健康を連想させない品は贈り物としては不適切となります。
また、家族構成に着目することもポイントで、看病されるご家族の中にお子様がいる場合の手土産には、チョコレートやクッキーなどの小分け包装されているお菓子などを持参したり、ケーキにおいても賞味期限を考慮し、焼き菓子などを皆さんでという言葉を添えて手渡しするのが無難です。
目上の方に対しては素材にこだわっているなど、品質の良い物を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク