退院祝い 快気祝い 違い

退院祝いと快気祝いの違いとは

スポンサーリンク

退院祝いと快気祝い、はっきりと違いのわかりにくい言葉です。
どういう違いがあるのでしょうか。
まず、退院祝いとは、病気やケガで入院していた方に贈るお祝いのことです。
周囲の友人や知人が、入院していた方の快復を喜んで贈ります。
入院中にお見舞いが出来なかった場合の代わりに贈られることもあります。
タイミングとしては、退院されてから1週間から遅くても1ヶ月の間には贈る方が良いでしょう。
退院はおめでたいことですが、病気やケガは今後避けたい出来事です。
ですので、熨斗は結婚祝いと同様、結び切りのものを使用します。
金額の相場は、3000円から10000円ですが、現金よりも品物で贈る場合が一般的です。
病気やケガを洗い流すという意味で、石けんや洗剤、入浴剤などが選ばれることが多いです。
他にも、残らないものという意味で、食べ物や飲み物などもよく選ばれています。
そうめんやうどんなどは長生きという意味を持つので、人気の品です。

スポンサーリンク

では、次に快気祝いとはどのようなものでしょうか。
快気祝いは、退院祝いとは逆に、病気やケガで入院・療養していた方が周囲のお世話になった方に贈るものです。
お見舞いをしてくれた方へのお礼、心配してくれた方に元気になった旨の報告として贈られます。
熨斗は、退院祝いと同じで、二度とない方が良いお祝いなので、結び切りのものを使用します。
品物を贈る場合は、病気やケガがなくなったことを祝うものなので、後に残らない消えてなくなる物を贈るのがマナーです。
具体的には、食べ物や飲み物、洗剤などが挙げられます。
何を贈ったら良いのかわからない場合や、相手に好きな物を選んでもらいたい場合は、カタログギフトを贈るのも良いでしょう。
現金や商品券は便利ですが、目上の方に失礼にあたるので、避けた方が無難です。
お見舞いや退院祝い、快気祝い、全快祝いなど、違いがわかりにくい場合がありますが、快気・全快などの言葉が入っている場合は、入院・療養していた側が贈ると覚えておけば良いでしょう。

スポンサーリンク