退院祝い 贈り物 マナー

退院祝いの贈り物のマナーを知る

スポンサーリンク

病気や怪我に見舞われるケースは誰にでも起こる可能性はあり、入院するケースも少なからず挙げられる内容で、治療を行った後に経過観察して退院となりますが、その際、無事をお祝いする意味合いを兼ねて退院祝いを贈る風習が日本には存在しています。
入院中にお見舞いに訪れることがマナーの1つに挙げられますが、都合が合わなかった場合に退院祝いとして品物やお祝い金などを贈るのが一般的です。
お祝い金の金額相場は3千円から1万円台であるものの、お見舞い時と異なり、退院祝いのマナーとしては現金よりも品を贈るのが一般的となります。
贈り物にもマナーがあり、それぞれの品には健康状態へと繋がる意味があるため、選び方を知ることは重要となります。
例えば、贈り物として一般的なのが鉢植え以外の花や植物です。
特に鉢植えは、根つくと言う言葉が、寝つくに繋がる言葉として連想されるため、病気や病院に寝つくと捉えられやすく、贈り物としてタブーとされていますし、生花も花言葉を理解した上で贈る以外は枯れてしまうことから避けることが無難となります。

スポンサーリンク

退院祝いとして最適な贈り物となるのが、病気を洗い流すものとして捉えることができる品物であり、例えば、石けんや洗剤、入浴剤が適しています。
また、形として残らないものとなるのが食品で、健康食を贈るケースが近年では増えている内容です。
特にビタミンが健康体をイメージできることから定番となる果物をはじめ、お茶やクッキーなどのお菓子なども食べて無くなることから適しています。
また、介抱するご家族への労いの意味を込めて、小袋や小分けされているお菓子類を贈ることも最適です。
また、先様の方の体調を事前に確認することはマナーの1つで、食の制限がかけられている可能性もあるため、近年では先様が好きな品物を選べるカタログギフトを退院祝いとして贈るケースも一般化しています。
しかしながら、カタログギフトの金額にもマナーがあり、目上・目下の年齢にもあわせ、お祝い金同様、目安を参考に選ぶことが必要となり、退院後1週間前後の時期を見計らい贈ることも重要視すべき内容です。

スポンサーリンク