退院祝い メッセージ メール

退院祝いのメッセージやメールのポイント

スポンサーリンク

退院祝いは入院されていた相手と接点がある者が、退院したことや全快した喜びを共に分かち合う目的や、労りなどの意味も含めてギフトや現金を贈るのが一般的な形式です。
退院祝いのギフトを贈る場合、購入する品物に対して事前に用意したメッセージカードや挨拶状などを付帯することによって、相手に真意を伝えることが容易に行えます。
また、退院祝いのギフト商品を提供する店舗やサイト側がメッセージを付帯してくれるケースもあり、年齢に応じたメッセージプレートから選ぶことが可能となります。
さらに、安堵の気持ちを手軽に伝えたいのが友人などの身近な人物の退院祝いの場合で、近年では失礼に当たらない仲間内である場合にはメールにてメッセージを送るケースも一般化されはじめています。
メールにおいても手紙同様、目上・目下となる年齢で改まった表現が必要となるため、文体に気を配ることは手軽さ故に重要です。
また、一時退院などの自宅での療養が必要となる方に対しては、本復を祈る文字表現が必要で、病状の不安などのマイナス表現ではなく、明るい文面の祝メールとするのもマナーです。

スポンサーリンク

メールにおいては、いつでも好きな時間帯に送信することができるものの、深夜や早朝を避けることや退院祝いのギフトが届くと同時に送信するなど、相手のライフスタイルに配慮することはマナーです。
身体を気遣い労う言葉や、思いやりのある柔らかい文体のメッセージが重要で、親しくてもふざけすぎた表現は避けるのが大切です。
また、流れる・残る・終わる・苦しむなどの病気の再発などを想起させる言葉は避け、困った場合に頼って欲しい旨など、気遣う言葉が入るだけで文字のみの堅苦しい印象も緩和できます。
改まった相手に対しての退院祝いのメールの始めには、謹啓の文字を使い、端末は謹白で締めくくり、親しい間柄である相手には前略を使い、端末は草々で締めることが品格ある内容に直結します。
また、本人の回復を祝う言葉だけではなく、家族がいる方への内容には看護した家族に対する労いの言葉を加えることもポイントです。
また、書中をもちましてなど、顔を見て挨拶できない旨を伝えることも重要視すべき内容です。

スポンサーリンク