退院祝い メッセージ 文例

退院祝いのメッセージには、文例を参考に心のこもった文章を

スポンサーリンク

退院祝いは、入院していた方が無事に退院できたときに、無事に退院ができたことをお祝いするときに贈るものです。
辛い入院生活を終えて退院できたのですから、大変喜ばしいことです。
退院祝いの品物を贈る場合にも最低限のマナーがありますので、せっかく退院できた気持ちを台無しにしないよう、マナーを守って退院祝いを贈ることが必要です。
一般的には、病気を洗い流すものや、食べたり飲んだりして消えてなくなるものが良いと考えられています。
たとえば、病気を洗い流すものの具体例としては、石鹸や洗剤です。
また、食べたり飲んだりして消えてなくなるものの具体例としては、お菓子やジュース、コーヒー等があります。
どれも実用的かつ後に残らないものなので、もらった方にも喜ばれるものです。
事前に好みや趣味・嗜好がわかっている場合には、好み等に沿った品物を選ぶとより一層喜ばれます。
また、何を贈るかは、退院した人の年齢や立場によっても異なりますので、この点も考える必要があります。

スポンサーリンク

退院祝いの品物が決まったとして、そのときに一緒に手紙をつけることがあります。
無事に退院できたことをお祝いする贈り物ですから、そこに手紙が付いていると、もらった方はよりあたたかな気持ちになり、退院できたことの喜びが一層増すものです。
手紙のメッセージには、何を書けば良いか迷うこともありますが、ここでも、最低限のマナーを守ることが必要です。
メッセージ中、冒頭は季節のあいさつ文で始めると、書き出しがスムーズに進むことが多いです。
退院祝いのときに送るメッセージには、参考になる文例があるので、まずは文例を参考にしながら文章の構成を組み立てるとうまく筆が進みます。
文例は、少しかたい文章であることも多いため、立場が近い人や仲のよい友人にメッセージを送る場合には、文例どおりの文章にしない方が、かえって気持ちが伝わることもあります。
退院祝いのメッセージを送るときには、文例を参考にしつつも、心のこもった文章を書くととても喜ばれます。

スポンサーリンク