退院祝い 新札

退院祝いには新札を準備しましょう

スポンサーリンク

退院祝いとは、入院していた方が無事に退院できたときにお渡しするものです。
病気で辛い思いをしていた方が無事に退院できることは、とても喜ばしいことですので、渡すべきときは、マナーを守って退院祝いを渡した方が今後の関係性にも良い影響を与えます。
退院祝いの相場は、大体3000円〜1万円ほどとなっております。
お金を贈るよりも品物を贈ることの方が多いです。
その場合、贈る品物にもマナーがありますので注意が必要です。
まず、病気を洗い流すものや、食べたり飲んだりして消えてなくなるものが良いと考えられています。
これらの品物を贈れば、マナー違反と捉えられてしまうことはないでしょう。
病気を洗い流すものとしては、たとえば、石鹸・洗剤・入浴剤等があります。
洗剤や入浴剤については、最近では香りが良いものやおしゃれなものが販売されていますので、年齢や性別に合わせて選ぶと良いでしょう。
また、消えてなくなるものとしては、お菓子やジュース等が典型的な例となります。

スポンサーリンク

このように、品物を贈ることが多いですが、品物以外の物を贈る場合もあります。
まずはカタログギフトです。
カタログギフトは金額ごとに用意されていますので、退院する方との関係性や立場の違い等を考えて、適切な金額のカタログギフトを選びます。
好みを把握するのが難しい場合や、趣味・嗜好がわからない場合には、カタログギフトを贈る方が喜ばれる場合もあります。
次に、退院祝いに現金を渡すこともあります。
品物と一緒に渡すこともあれば、現金だけを渡す場合もあります。
現金を渡す場合にも、最低限のマナーを守って渡すことが必要です。
現金を渡す場合に最も気をつけなければならないのは、新札を準備することです。
ボロボロのお札が封筒に入っていても、新札が封筒に入っていても、金額自体は同じですが、受け取った方の印象は全く異なります。
新札は、銀行等で交換してもらえるので、新札を準備して渡すようにすることが必要です。
もちろん、現金を渡す場合には、硬貨は入れずに、お札だけを渡さなければなりません。

スポンサーリンク