友人 退院祝い 金額 相場

友人に贈る退院祝いの金額の相場はいくらくらい

スポンサーリンク

入院している人にお見舞いに行くときに、お見舞金や果物などをお渡ししますが、退院祝いをする人も多いと思います。
でも、退院祝いとしての金額の相場というものって結構迷うものです。
どのように決めているのか、自分と相手の立場により金額は変わってくるものだと思います。
今回は友人に贈る退院祝いの金額の相場を考えてみます。
友人というものはあんまり気を使わずに済むものですが、あんまり高額であると、友人だからこそ逆に気を使ってしまいます。
やはり相手に気を使わせずにすむ、3000円くらいが妥当な金額だと思います。
誰でも逆の立場になって考えた時に、頂くとしても5000円以上になってしまうと、よほど何十年と付き合いが長い人ではない限り、受け取りづらいものだと思います。
友人の場合、入院中に病名や、退院後の体調をみて、元気になったときに食事に行ったり、旅行にいったりと、色んなかたちで退院祝いをしてあげることができると思います。

スポンサーリンク

また、退院祝いは入院していた友人へのプレゼントになります。
退院祝いというのもは、病気やケガで入院していた人が退院した時に、本人へ回復を祝ってお贈りするプレゼントになります。
仕事の都合などで、入院中にお見舞いに行けなかった場合や、退院後にお見舞いにかえて贈ることもできます。
やはりそのような場合でも、相場は3000円から、場合により5000円程度になります。
ただこの場合は現金で贈るお見舞いとは違って、相場の金額内で、品物を送ることが多いです。
そして、お見舞いを渡すのが遅れる場合は、退院後1週間から1ヶ月程度に渡す事が目安になります。
退院後時間がたってからお渡しするのは、少々間が悪いものになってしまいます。
友人だとしても、1週間から1ヶ月程度までに贈る事をおすすめします。
それ以降になってしまった場合、元気に回復しているならば快気祝いになりますし、自宅で療養されているのならば、お見舞いとして贈る事ができます。

スポンサーリンク