退院祝い 金額 親

自分の親に対する退院祝いの平均金額について

スポンサーリンク

自分の親が病気や怪我などで入院をして後日退院した場合において、子供から退院祝いを贈るという習慣があります。
ですが初めての場合にはどれくらいの金額が知らないこともあるので、その内容について説明をしていきます。
自分の親に対する退院祝いの金額については、相場として大体1万円前後となっていることが多いです。
1万円という金額であれば、退院祝いとして贈る側でもそれほど大きな負担とならないことがポイントとなります。
逆に退院して受け取る親の立場としても、1万円であれば比較的楽な気持で受け取れるようになっています。
これは現金で退院祝いをする場合において、1万円という金額をプレゼントすることがポイントとなります。
また手渡しで1万円を渡すのではなく、きちんと専用の袋に入れてそれを親にプレゼントするのが決まりとなっています。
なのでそういった点にも注意をしないといけないため、ただ手渡すのはマナー違反となってしまいます。

スポンサーリンク

 退院祝いとして自分の親にお金を手渡す場合の金額として、大体1万円前後が一つの相場となっています。
お金を渡す場合には専用の袋に入れる必要がありますが、これはあくまでも金額の平均価格となっています。
ですのでお金を手渡すという方法ではなく、1万円前後の品をプレゼントするといった方法でも問題はないです。
自分の親であればその好みや正確についても熟知していることが多いので、例えば趣味で使う1万円相当の品をプレゼントします。
例えば家庭菜園が趣味である場合においては、剪定などに使う枝切りハサミや脚立をプレゼントすると効果的です。
また旅行が好きだという性格の場合では、1万円分の旅行券をプレゼントするのも効果的です。
そして1万円分の商品券を贈ることについても、比較的喜ばれることが多いのも特徴となっています。
こういった形で退院祝いを贈る方法もあるので、必ずしも現金でなければいけないというわけではないことも特徴となります。

スポンサーリンク