退院祝い 金額 相場 身内

身内やそれ以外の人に返す退院祝いの品物の金額や相場

スポンサーリンク

退院祝いは快気祝いともよばれますが、一般的に退院して2週間以内をめどにお返しをするのがよいとされています。
身内であれば退院祝いも特に急ぐ必要はありませんが、身内以外の人からお見舞いをいただいている場合は早めにお返しするのが礼儀です。
そもそも退院祝いとは、「おかげさまで無事退院することができました。」というお知らせも兼ねていますので、お返しが遅くなるとそれだけ相手にも心配をさせてしまいますし、もしその後病院へ再びお見舞いに訪れたら退院していたなどということがないようにするためにも、お返しは早い方がよいのです。
また、お見舞いに行く方も身内でなくとも親しい間柄であったり職場関係の人であったりする場合にはお見舞いをした方がよいでしょう。
その際はお金を包んでいく場合が多いのですが、相場は身内であれば5千円から1万円程度、そうでない場合は3千円から1万円程度が適当な金額ですが、相手との関係性にもよりますのでこれといった決まりはありません。

スポンサーリンク

お見舞いをもらった方も、退院祝いをするときにはいただいた金額の半額程度を返すのが一般的相場です。
これを半返しともいいますが、いただいた金額の半分のお金を返すのではなく、その金額の半分程度の品物をお返しするということです。
ですから例えば1万円のお見舞い金をいただいたら、お返しに5千円程度の品物をお返しするというのが一般的相場となっています。
以前はタオルやお菓子といった日用品や食品などをお返しするパターンが多かったのですが、最近は商品券がお返しの主流となってきているようです。
品物だと好みがわかれることもありますし、もらっても必要ないものであれば処理にこまってしまいますが、商品券であれば使い道も広がりますし、もらう方も商品券の方が嬉しい場合が多いからです。
ですから退院祝いをするときには、いただいた金額の半分の商品券をお返しすれば問題もありません。
何を返そうか迷う必要もないのでお返しをする方も時間をかけずにすみます。

スポンサーリンク