退院祝い 金額 相場

退院祝いや快気祝いの金額や品相場

スポンサーリンク

入院していた方に対する退院祝いにはギフトを贈ることが一般的で、お見舞いが遅れた際にも退院祝いで挨拶に代えることが可能となります。
病気や怪我で入院していた方が退院した際、回復を祝って贈り物をするものの、品物の金額やお祝い金の相場などをチェックすることは、マナーなどの失礼にあたらないためにも重要視すべき内容です。
病気や怪我による入院は、本人のみならず家族にとっても予期していない不測の事態であり、状況を確認することは重要で、全回復あるいは一時退院を迎えた場合など、お祝い金の金額にも違いが生じます。
通常、現金を贈る場合の相場はお見舞い同様に3千円から5千円で、水引や熨斗のない封筒に入れて退院祝いと書き記し、下部に氏名を書いて渡すのがマナーです。
病気によっては治療費や入院費が高額となり、家計に負担となるケースもあり、一時退院などにおいて現金で贈ることは目上の方に対しても失礼にあたらず、形式をしっかり踏まえることでお祝いとして受け入れられる内容です。

スポンサーリンク

また退院祝いを頂いた場合、入院していた方が贈る必要があるのが快気祝いで、入院していた側の体調が整ったことを知らせ、感謝の意を込めてお礼の品を贈ることもマナーの1つです。
現金で頂いた場合においては、同額以上になる金額は相手の気持ちを無にしてしまうため、相場となるのが頂いた半分から3分の1程度の金額の贈り物を用意することが一般的です。
後に残るものはタブーとされ、また快気祝いでは退院祝いと異なり、現金を贈ることはマナー違反とされています。
また高額となる場合においては、品物に対してカタログギフトを組み合わせることで金額に見合ったお返しが可能となりますし、相手先で品物が選べることでも失礼にあたらない内容です。
さらに、退院祝いを連名で頂くケースも少なくはなく、数名での相場は全体で3千円程度ですが、会社などの組織からの連名では各部署に小分けできる内容の品として相場にこだわらず、全員で使える品を選ぶことがポイントとなります。

スポンサーリンク