退院祝い お金 現金

退院祝いのお金や現金について

スポンサーリンク

病院に入院しているという親戚や知人が退院をするときにはお祝いの気持ちを伝えることがあります。
この時には一定のマナーがあるので、それをしっかりと理解しておくことが大切です。
退院祝いという言葉がありますが、これは病気やケガで入院をしていたという人が退院をしたときに、周りの人から入院をしていた人に対して回復を祝う気持ちを込めて贈るギフトのことになります。
このほかに入院中にお見舞いをすることができずに、退院をするときにお見舞いの代わりに送るという方法を行っている場合もあります。
お金を渡すことが多くなっていますが、そのときの現金の相場はお見舞いと同じ考えで3000円から5000円程度となっています。
退院祝いは他の場合とは異なり、現金などのお金で渡すことも決して珍しいことではありません。
これに対してお見舞いはお金ではなく品物を送ることが多くなっています。
この点をしっかりと理解しておくようにします。
また渡す時期も気になります。

スポンサーリンク

退院祝いを送るタイミングですが、基本的には退院1週間から1ヶ月までが目安となっています。
退院をしてから時間が経過してしまうと渡す際にも失礼になってしまいます。
この時期をすでに経過しているという場合には、快気祝いとして渡すこともできます。
自宅療養を続けているという場合にはお見舞いとして渡すことができます。
お金を渡すときの現金の相場は地域によって異なっています。
したがって一概に言うことが難しくなっているのですが、3000円から5000円となっており、これが友人の場合には3000円となっています。
職場の上司の場合には金額が5000円となります。
親族の場合には1万円というのが相場となります。
しかし金額はあくまでも一つの例です。
お祝いをするという気持ちが大切となっているので、相手の負担にならない程度の金額に抑えておくようにします。
したがって現金ではなく品物を渡すという人が多くなっています。
フルーツや菓子、コーヒーやお茶となっています。

スポンサーリンク