退院祝い 挨拶

退院祝いをする場合の挨拶について

スポンサーリンク

通常退院祝いをする時には本人と一緒にするケースが多く、そこで直接タオルセットやフルーツの詰め合わせなどをプレゼントします。
ですが中には仕事などの都合でそれが出来ないケースがあり、その場合には挨拶という形で済ませることが多いです。
一般的に退院祝いをする際の挨拶の決まりとして、相手が退院してから数日から1週間前後で届くようにします。
退院祝いをするということは、相手の退院予定日についても事前に確認していることが多いです。
なので相手が退院する予定日から1週間以内に、自宅に挨拶文を描いた手紙や封筒などを郵送していきます。
その際のポイントとして、文章については基本的に敬語を中心に使うように心掛けていきます。
特に相手が仕事先での上司や先輩などであった時には、このような対応を迅速に行う必要があります。
ですが相手が自分の友人や親友などであった場合には、多少砕けた言葉を使ってお祝いをしても問題がないことがあります。

スポンサーリンク

 仕事などで忙しくて退院祝いを直接贈ることが出来なかった場合には、相手の自宅に挨拶文を贈ることが決まりとなっています。
その際にプレゼントも一緒に贈るという方法があり、商品についてはタオルセットやフルーツの詰め合わせなどがあります。
そしてこれらの品が相手から贈られた場合においては、出来るだけ早めにお礼の返事をすることもまたマナーとなっています。
こうすることによって、相手に対して無事退院祝いの挨拶文と商品を受け取ることが出来たと伝えることが可能です。
それによって、相手もきちんと受け取ってもらえたと認識することが出来るようになっています。
また退院祝いをしてもらった場合において、プレゼントを受け取った場合には後日快気祝いというものを贈りかえす必要があります。
なので退院した場合において、プレゼントを受け取るだけでなくお返しもしなければならないのが特徴です。
こういった習慣を守ることによって、人間関係をより良好なものにすることが出来ます。

スポンサーリンク