退院祝い 意味

退院祝いを贈る意味について

スポンサーリンク

日本のみならず世界各国には、入院生活をして無事退院をした方を対象に退院祝いとしてプレゼントの品を贈ることがあります。
その意味について説明をしていくと、これには入院生活を無事乗り越えた方に対するお祝いとなっています。
通常入院生活は治療を最優先して行うので、病院内にいる時は食事制限などを受けてしまうことが多いです。
また病院によっては携帯電話なども使用出来ないため、入院期間が長いほど患者にとっては退屈な生活となってしまいます。
一般家庭のようにパソコンやゲーム機などもないため、入院中の生活については自分の親族や身内などにサポートしてもらう必要があります。
本やDVDプライヤーなどを持ってきてもらえれば、入院中の生活については退屈しなくて済みます。
こういった制限を受けることが多いため、無事退院した方については退院祝いをすることが多いです。
なお病院によって持ち込み出来る品は異なっているので、医療機関によってはDVDプレイヤーは電化製品となるので禁止していることもあります。

スポンサーリンク

 退院祝いをする意味として無事病院から退院出来たことを祝うことであり、その後の生活については通常通り行うことが可能です。
この退院祝いについてですが、お見舞いの品とは別にプレゼントを用意する必要があることが重要となっています。
確かに意味については退院を祝うものですが、それとお見舞い中に品を贈ることについては別となります。
また退院祝いをする場合において、フルーツの詰め合わせやタオルセットなどは一般的に喜ばれることが多いです。
フルーツを食べることでビタミンを補給出来るので、その後病気や怪我をしにくいという迷信があります。
一方でタオルセットについては、体に付いている病気や厄などを払うことが出来ると信じられています。
その点退院祝いとして贈るべきでない品もあり、代表的なものとして鉢植えが該当します。
病気や厄が付くという迷信があることから、退院した相手には鉢植えは絶対に贈らないように認識しておく必要があります。

スポンサーリンク