退院祝い 品物 のし 書き方

退院祝いの品物とのしの書き方のマナー

スポンサーリンク

退院祝いとは、ご病気やけがなので入院されていた方に送る品物のことです。
よく間違えやすいのが快気祝いですが、快気祝いは、病気やけがなどで入院などされていた方が、お見舞いをくれた方へのお返しとしてお渡しする品物のことです。
また、快気祝いと快気内祝いは同じ意味です。
一般的に何かお祝いなどもらった際のお返しは、内祝いとするのが正式ですが、のしの書き方が快気内祝とすると、4文字になって字数がよくないとされるため、“内”を省略して快気祝としているだけです。
退院祝いののしの書き方は、「祝御退院」が一般的になります。
またのしの種類は5本結び切のあわびのしが付いているものになります。
もし先方の状況がわかるようでしたら、完全に回復されている場合は「祝御全快」、まだ通院や治療を続けている場合でしたら「祝御快復」というのしの書き方が出来ます。
状況があいまいでわからない場合などは、「祝御退院」で贈るのが間違いがないかと思います。

スポンサーリンク

退院祝いとして贈る品物は、3,000円から10,000円ぐらいが相場です。
品物の内容は、現金よりは、お菓子やフルーツなどの「食べてなくなってしまうもの」や、石鹸などの「病気を洗い流すもの」などがいいとされています。
お菓子やフルーツ紅茶、コヒーなどが食品では無難ですが、先方の趣味や状態などもありますので、カタログのギフトを贈る方も最近は増えています。
贈るタイミングとしては、退院後1週間から1カ月の間にご自宅に持参またはお送りするのがマナーです。
退院の当日にお渡ししても大丈夫ですが、当日は持ち帰る荷物なども多くなるので、大きすぎないものなどにするといいかもしれません。
またお見舞いをと退院祝いはどちらか一方だけ贈るものです。
もし、お見舞いも贈ったけれど、退院祝いもという場合は、1,000円〜2,000円以内のお菓子にした方がいいかと思います。
先方の状況に合わせて、贈るタイミングや、品物などを検討してみてください。

スポンサーリンク